動物のリアルを伝えるWebメディア

“虫のフォルム”がしっかり伝わる『はじめてのずかん こんちゅう』刊行…高橋書店

エンタメ/カルチャー カルチャー
『はじめてのずかん こんちゅう』
  • 『はじめてのずかん こんちゅう』
  • 巻頭の観音開きページでは「春・夏」「秋・冬」の虫の様子が視覚からつかめる。
  • 知識が深まる特集ページも充実。
  • 虫の魅力が一番に伝わるアングルの写真。虫との触れ合い方が分かるお役立ち情報を掲載。
  • 大きさを比較。リアルなサイズ感がつかめる迫力の写真で子どものワクワク感を引き出す。
  • 『はじめてのずかん うみのいきもの』
  • 『はじめてのずかん きょうりゅう』
  • 『はじめてのずかん でんしゃ』

高橋書店は、『はじめてのずかん こんちゅう』を全国の書店・オンラインストアで発売した。

21年4月に発刊した「はじめてのずかん」シリーズ。同書のテーマは「昆虫」で、大きな写真や特徴がひと目でわかる説明に加え、深く楽しめる工夫が満載となっている。

1つめのポイントは、この図鑑でしか見られない、撮りおろしの虫たちを多数収録していること。かっこよさ、きれいさ、大きさが一番伝わる見え方に工夫しており、子どもが興味を持つ「虫のフォルム」がしっかり伝わる。

2つめのポイントは、特集ページと観音開きページで、虫の生態が楽しくわかること。育ち方、暮らし方などを知りたい! という希望にしっかり応えている。

監修は、むさしの自然史研究会代表で昆虫研究家の須田研司氏。多摩六都科学館や武蔵野自然クラブで、子どもたちに昆虫のおもしろさを伝える活動に尽力している。監修書に『みいつけた! がっこうのまわりのいきもの〈1~8巻〉 』(学研プラス)『ふしぎな世界を見てみよう!びっくり昆虫大図鑑』(高橋書店)などがある。


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がREANIMALに還元されることがあります。

《山本真美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top