動物のリアルを伝えるWebメディア

犬の換毛期、お手入れのポイント…病気による抜け毛の見分け方は?

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

突然愛犬の毛がごっそり抜け始めて驚いたことはありませんか? 床やカーペットは抜け毛まみれ、フサフサだった毛もあれよという間にスカスカに…。痒がったりはしてなさそうだけど何か皮膚の病気では? と不安に感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。ですがこれはワンちゃんのライフサイクルとしては至って自然な出来事、そう換毛期というものです。

犬種によっては換毛期がないワンちゃんもいますし、換毛期があるワンちゃんはいつも以上に丁寧なケアが必要になります。そこで今回は換毛期についていくつかのポイントをご紹介します。

換毛期はいつ? 何のためにあるの?

換毛期とは、ワンちゃん達が季節に合わせ快適な温度で過ごすことができるように被毛の生え変わりを行うシーズンのこと。夏毛から冬毛へ、冬毛から夏毛へ、被毛を衣替えすることで厳しい暑さや寒さに耐えられるようになっているのです。そのため一般的にワンちゃんの換毛期は年2回、春と秋にやってきます。

ただし! 最近は室内飼いのワンちゃんが多いですよね。年間を通して空調がきいた環境下で生活している場合換毛期のタイミングがずれてしまうこともあります。自然なサイクルで換毛期を迎えるためには、ある程度お外で過ごす時間を作ってあげる必要があります。

換毛期のある犬種って?

お掃除が大変な換毛期ですが、犬種によっては換毛期がこないワンちゃんもいます。ワンちゃんの被毛のタイプには上毛、下毛二層構造になっている「ダブルコート」と一層のみの「シングルコート」の二種類があり、換毛期がくるのはダブルコートのワンちゃんのみです。生え変わりがおこるのは主に下毛で、冬には保温性の高い密集した下毛が生えてきます。ダブルコートの中でも特に換毛期の抜け毛が多いのは柴犬、レトリーバー系、コーギー、シェパードなどがあげられます。

どんなケアが必要なの?

換毛期は約1か月続きます。この時期に被毛の生え変わりがきちんと行われることはワンちゃんの皮膚にとっても重要な意味合いを持ちます。抜けるべき毛がしっかり抜けるようにブラッシングを行ってサポートしてあげましょう。

ブラッシングが大変! という方は思い切ってサマーカットなどさっぱりしたスタイルに変えてしまうのも一つの手です。ブラッシングを行ったら定期的にシャンプーもしてあげましょう。なお夏毛の間は被毛がスカスカで地肌が傷つきやすいのでブラッシングも優しく行ってあげてくださいね。

見分けたい皮膚疾患による抜け毛!

最後に換毛期と皮膚病による脱毛の見極め方です。一般的に換毛期は痒みや赤み、フケなど皮膚病に多い症状を伴うことはあまりありません。そういった症状が何かしら出ている場合にはただの換毛期ではないかもしれません。

また全体的に被毛が抜け落ちる換毛期に対し、疾患由来の抜け毛は部分的であることが多いです。足先だけ、背中だけ、など一か所だけが抜け落ちていく場合には疾患を疑いましょう。疾患が原因で脱毛している場合には内服や外用薬が必要になるケースもありますので、動物病院で診てもらいましょう。

換毛期のお掃除は本当に大変で飼い主さんも頭を抱えてしまいますよね。ですが日頃のケアがあれば幾分抑えられるかと思います! ブラッシングは皮膚のマッサージ、リラックス効果もありますのでコミュニケーションの一つとして普段からこまめにしてあげましょう。

《吉田つぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top