動物のリアルを伝えるWebメディア

『チワワ版 家庭犬の医学』刊行…なりやすい病気やお手入れ方法などを紹介

『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』
  • 『チワワ版 家庭犬の医学』

辰巳出版は、昨年刊行された「柴犬版」「コーギー版」に続き、チワワ専用の医学書『チワワ版 家庭犬の医学』を刊行した。

同社では日本犬専門誌をはじめ、様々な犬種別ムックを刊行している。その中で、チワワを追いかけて20年、チワワのみを掲載した専門誌が『チワワスタイル』だ。そんなチワワスタイルが作った同書は、犬の部位ごとに章立てされ、調べやすい構成になっている。調子が悪そうな部位の章をめくれば、起こりうる症状が細かく載っており、考えられる原因も知ることができる。愛犬を観察することになるので、獣医師に様子を伝える際にも役に立つ。治療方法もあわせて確認できるため、費用の工面や愛犬にかかる負担など心の準備もできるという。

また通常の病気解説だけでなく、「チワワに多い病気」として数点をピックアップ。よりチワワという犬種を知ることができ、自ずと愛犬についても理解が深まっていく。体の構造などは図解もふんだんに取り入れており、わかりやすい構成とした。

日々必要なお手入れ、いざという時の薬の飲ませ方、定期的な健康診断などについても紹介。病気について詳しく知ることができると同時に、愛犬の健康を守る手助けとなる。

動物病院に行くべきかどうか悩むシーンが多い犬との暮らしだが、巻末には、気になる症状から病気を予想するチェックリストがついている。「迷わず動物病院へ行くべき症状」もまとめており、愛犬がいつもと違うと感じたらすぐにチェックできる。

愛犬にはいつまでも健康でいてほしい。そう思うあまり、動物病院で診断された病気について、その時は混乱して頭に入ってこない場合もあるが、同書が家にあれば、後から病名索引を使って復習することができる。焦らずじっくり愛犬のことを考える一助となるという。


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がREANIMALに還元されることがあります。

《山本真美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top